閉じる
閉じる
閉じる
  1. wordpressで「致命的なエラーをチェックするためにサイトと通信で…
  2. Adobe Illustrator CC 2018の表示が崩れる
  3. SEO対策としてディスクリプション(descriptionタグ)の最適…
  4. SEO対策としてタイトルタグ(titleタグ)の最適な文字数は
  5. wordpressでプラグインを使わずに画像をランダム表示させる
  6. Illustrator CC 2015で配置画像を収集する方法
  7. デザイン変更しました
  8. WordPressのユーザー権限の日本語表記と英語表記
  9. Thunderbird(サンダーバード)の左側のメールフォルダが表示さ…
  10. wordpressプラグイン「WP Slimstat」を日本語化する方…
閉じる

海の森 SOHOデザイン ブログ

wordpressのコピーライトの年数自動更新

こんにちは。
SOHOデザイナーを目指しているAquaForest-アクアフォレスト-です。

wordpressのコピーライトの年数を自動更新させる方法があります。

Copyright (C) 2012 Aqua-Forest All rights reserved.

上記の数字の部分を下記のタグにしておくと更新漏れを防ぐ事ができます。

ついつい忘れてしまいがちになりますが、いつまでも古い年数より最新の情報になっているとちょっとだけでも更新感を出すことができます。

<?php echo date('Y'); ?>

関連記事

  1. WordPressで同一カテゴリーのページ送りを表示

  2. WordPressバージョンアップ通知を削除する方法

  3. WordPressのユーザー権限の日本語表記と英語表記

  4. wordpressで投稿記事を特定のカテゴリーのみ表示させる方法…

  5. wordpressとtwitterの連動2

  6. wordpressで「致命的なエラーをチェックするためにサイトと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. wordpressで「致命的なエラーをチェックするためにサイトと通信できないため、PHP の変更は取り消されました。SFTP を使うなど、他の手段で PHP ファイルの変更をアップロードする必要があります。」と出た場合
  2. Adobe Illustrator CC 2018の表示が崩れる
  3. SEO対策としてディスクリプション(descriptionタグ)の最適な文字数は
ページ上部へ戻る